汐見木材株式会社 ご相談・お問い合せはお気軽に 06-6531-3683
サイトマップ お問い合せ

販売理念

1.人にやさしい

人の細胞と木の細胞は非常に相性がよいとされています。目が疲れにくく、精神の安定作用、呼吸器や皮膚への刺激が少ないことから、住む人に健康をもたらしてくれます。

2.家にやさしい

木の性質として、湿気を調節する調湿機能があります。この働きでカビやダニから家を守ります。その他にも光・騒音・振動などの刺激を少なくし、家への負担をやわらげてくれるのです。

3.環境にやさしい

樹木は空気中の二酸化炭素を吸収し、固定する能力があります。古い森林はその能力が衰えるため、伐採し新しく植え、森林を育てながら上手に木材を利用することで、地球環境への影響を少なくすることができるのです。また、木材は再生紙や再利用、廃棄などの環境面においても優れています。「腐る・燃える(※)」という問題点も環境への負担を考えれば、「腐る」から土にかえり、「燃える」から廃棄しやすいという、まさに理想的な循環型資源といえるでしょう。
※床・壁材として使用した場合、よほどの悪条件でない限り腐ることはありません。

汐見木材はこの「3つのやさしさ」を信じて販売しております。

無垢内装材の良さ

無垢材の対極には新建材があります

合板の床、壁、天井仕上げの他、ビニールクロスの壁、化学塗料仕上げの建具と家具、家電製品一般、アルミサッシ等、これらは皆、石油化学製品類の「新建材」で出来ています。
ここで大切なことはたとえ無垢材を使っていても、呼吸性を止めたウレタン等の仕上げをしてしまうと、無垢材ならではの良さを封じ込めてしまうということです。

新建材が多いとどういうことが起こるか

ポリウレタン、塩化ビニール、エポキシ樹脂、ポリエチレン、ラミネートフイルムなどの石油化学製品類は、木材に比べ、カビと縁遠いように思われますが、実際はカビにとても弱いのです。これらの建材にカビはつきもので、たとえ抗菌処理がされていたとしても、調湿力のないこうした建材には、静電気が起こりやすくなります。そのためゴミ・ほこりなどがつきやすく、そこでカビ、ダニが増殖してしまうので、そう期待はできません。

新建材の性質とアレルギーの関係

調湿力のなさは結露を招き、その水分に加え、暖房等による快適な室温はカビの増殖にも最適な環境となってしまいます。アレルギー防止にと、まめに掃除機をかけると、微少なゴミ・カビの胞子・ダニのフン・脱皮したウロコの粉などはフィルターの目を通り抜け、10分のクリーナで200倍以上に増加すると言われています。そのため新建材の家はこれらが異常に浮遊し、さらなるアレルギーを発症する原因となることがあります。

からだにやさしい無垢材の性質

これに対して無垢材は、調湿機能により1・あたりビール瓶1.7本分の保湿力があるため、結露を防ぎカビの発生を防ぎます。また、無垢材の温度調整の性質により、空間の温度もさることながら、床材等に直接触れる手足が冷たくなりずらく、それは他の建材と比べ気温が低い時ほど疲労感が違ってくることにつながります。
また無垢材は目にもやさしく、光の反射率が他の建材に比べ、50〜60%程度に抑えられるため、光を和らげてチカチカせず、心地よいとされるレベルに保たれます。

これ以外にも無垢材の特性はありますが、これら一部をとっても、無垢材による内装材は他の建材に比べ、はるかに居住性に優れていると思われます。

ページトップ
汐見木材株式会社 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江3-17-8
TEL:06-6531-3683 FAX:06-6531-3519 E-MAIL:info@403.jp URL:http://www.403.jp/