汐見木材株式会社 ご相談・お問い合せはお気軽に 06-6531-3683
サイトマップ お問い合せ
2008年03月14日

森の見学会「吉野材が高級材と言われる理由がわかりました」

(2008年)3月8日の土曜日に、大阪府建築士会の中にある青年委員会の方々と、私の所属している木材業界の青年会とで共催事業で奈良県吉野の山林を見学するバスツアーに行ってきました。この事業は私達の会と青年委員会の卒業年齢(45歳)が同じと言う事もあり、昨年は講演会を今年は産地見学会と昨年度から交流をふかめてきています。そこで奈良県吉野に行って来ました。実はこの企画の計画当初から私も年回りで中心になって、青年委員会と受入先の吉野川上地区の青年会との打合せを 昨年の夏ごろから企画を練り上げて来ました。

本当のテーマは私の希望で「環境問題から見た近隣材の現状と有効性」だったのですが、今回は吉野の林業史の初級編といった形となってしまいましたが、大変身のある研修会にする事ができました。

今まで私も吉野材の桧杉がどうして高級材として珍重されるのか、恥ずかしい話しよくわかっていなかったのですが、今回のツアーでその本当の理由が材木業に身を置いて20年目に知る事が出来ました。まずその理由から書かせて頂きます。
吉野林業の秘密は「吉野林業の父」いわれる土倉庄三郎の存在が重要であったとの事、吉野林業の特徴は僅か漢字八文字で表現でき、「密植・多間伐・長伐期」というそうでこれを土倉庄三郎が整備し確立したそうです。
この言葉の意味を順番に説明させて頂きます。
【密 植】通常他の地域では植林の苗を植える場合は、約2㎡に1本の間隔で植えるのを吉野では、約1㎡に1本の間隔で詰めて植林するそうです。
理由効果:密植する事で、先に太くなるのではなく先に上へと伸びるように成長させる事ができる。太くなりにくいので、目(年輪)が細かくなる。
【多間伐】山の手入れを頻繁にし、通常他の地域では40~50年の間に数度しか間伐をしないのに対して、間伐も何度も長期間に分けておこない行う。
理由効果:長期間に亘り間伐を繰り返すことで大径木の良材を育てる事ができる。
【長伐期】通常他の地域では40~50年で開伐(かいばつ)といって山を丸裸にするのですが、多間伐で間伐を繰り返しながら、何百年にも亘って山を維持する。
理由効果:多間伐の理由と同じで、大径木の良材を育てる事ができる。
2008.03.08-3.jpg2008.03.08-4.jpg2008.03.08-5.jpg
(左)これが吉野林業の最終系(中)樹齢250年の杉の切り株(右)250年の杉の立ち木
私はこの説明を聞いて長年の持ち続けていた吉野材への疑問が解けたと感じました。吉野材は「目が細かく・目通りが良い」から高価であるという事はわかっていましたが、何故目が細かいのかという事がわかりませんでした。知識として寒い地域であれば目が細かくなる事はわかるのですが、吉野材と紀州材とでどうして違うのか、紀州でも吉野よりの地域もあるはずなのに何故何故といった感じでした。これには吉野独特の植林技術で良材が生み出されているとは思いもしませんでした。確かに吉野には大阪という古くからの消費地に接していた事により、早くに原生林が無くなってしまった事で、植林方を確立しなければならなかったのかも知れませんが、短い時間で良材が出来るはずもなくまさしく先人からの贈り物という事が、よくわかりました。近年の木材に対する無知な人の感覚は、「木は勝手に生えて育ったものだから、もっと安くてもいい」等と言う事をたまに耳にするのですが、今を生きる木材人として先人の心を受け継がなければならないと、強く感じたツアーにする事ができました。
2008.03.08-1.jpg2008.03.08-2.jpg
↑原木市場見学
2008.03.08-6.jpg
↑吉野組合の加工場
2008.03.08-7.jpg
↑大阪に帰って皆で懇親会(やっぱり)

最後になりましたが、お世話頂きました。奈良県川上会団の皆様ありがとうございました。

投稿者:汐見木材  |  日時:00:32  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2007年11月01日

マナーは大切に

10月は2回しか更新できず、反省している403です。

そこで先週 業界の勉強会で「JALアカデミー」のマナーセミナーに出席した話しを投稿します。
この企画は計画当初より興味があり楽しみにしていました。講師の先生は名前の通り日本航空の元客室乗務員の女性講師三名のさすがと言った感じのキャリアウーマンの方々でした。国際線の客室では長い時間であれば10時間以上密室で担当の乗客を公平に接客するマナーのノウハウからビジネスマナーのセミナーの講師を派遣している様で、大変的確で大変参考になりました。
メインの講師の先生はご自信のご自宅を建設された折の経験を元に具体例などを出して頂き、本当にただの講師と受講生との関係のまま終わるのではなく、如何に喜んで帰って頂けるかを考えた、接客を意識したセミナー術で他ではあまり体験できない満足できたセミナーでした。
このセミナーで、多くの方はご存知かもしれませんが、私が初めて知った意外な事を一つご紹介させて頂きますと、話し言葉は同じ敬語でも「ひらがなことば」の方が柔らかく相手により真意が伝わるそうで、やたら熟語を並べても相手には誠意は伝わりにくいようです。
政府の答弁でよく耳にする「遺憾に思います」よりも「もうしわけございません」方が意味も違いますが、より素直に受け入れるように思います。
そういえば最近の福田さんの発言はひらがな言葉が多いように思います、一度意識してニュースを見てみたいと思います。
DVC00002.jpgDVC00004.jpg
左の写真の真ん中に写っているのは、このセミナーの担当副委員長で川向のときぞーさんです。

投稿者:汐見木材  |  日時:19:28  |  コメント (1)  |  トラックバック (0)

2007年09月29日

ナンバーワンではなくオンリーワン

投稿に少し間が空いてしまいましたが、忙しかったのではなく「全く暇でネタが無かった」のが実際の所でした。そこで、昨日すごく元気のある会社の社長さんの話を聞きに行ってきました。
この会は以前にもご紹介した私の所属している異業種の集まりの勉強会で、毎回会員が自分の会社に付いて発表し学ぶ会です。
昨日は大阪の美原にある「日本フッソ工業」というフッソコーティングをする会社の社長さんの発表でした。カンのよい方は、おわかりと思いますがフライパンのフッソ加工のフッソコーティングです。
しかしこの会社は技術特許を持つアメリカの会社からフライパンをなぜ作らないのかと再三言われたにもかかわらずもフライパンは作らず、ありとあらゆるものにフッソコーティングをする技術をつけ現在は「剥離帯電防止コーティング」と言う独自の技術で世界を席巻しているそうでこのコーティングされた部品は半導体等の製品をつくる機械部品になるそうで、「インテル入ってる」のインテル社工場には標準指定として組み込まれているそうです。インテル社は一社からの仕入れリスクを回避する為に同業他社を探したそうですが、世界中に同じ事の出来る会社は無かったそうです。
剥離帯電防止コーティングの説明を日本フッソ工業さんのホームページでわかりやすく説明されていますので一度ご覧下さい。
http://www.nipponfusso.com/video.htm
最初はアメリカの技術だったかもしれませんが、その技術を発展させオンリーワン企業にしたことが、この会社の元気であるわかりました。今この暇な状況を打破するのもこの考えかもしれません。
403も必ずオンリーワンを目指します。

投稿者:汐見木材  |  日時:14:39  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2007年08月27日

脳みそを揺さぶられ・汗をかいてきました

私の所属しているある異業種の経営者の会があるのですが、この会他によく知られている「☆C」と言った会とは全く別物の、めちゃくちゃまじめに経営に付いて勉強できる会で、確かに入会して4年ほどになるのですが、会員企業の倒産の話はまだ一度も聞いた事がなくそれだけ経営者として現在でも時代を切り開いてきている方が多いのだと思い、今回その会の「経営指針確立・成文化セミナー」にこの土日と一泊二日ホテルに館詰で参加してきました。
このセミナー経営理念を作成し次に経営方針を作成最後に経営計画を立てると言った3コースに分かれており、今回はこの最初の「経営理念を作成」コースで脳みそにを揺さぶられ・汗をかいて、「経営理念」を現在8割がた完成しました。近い段階で当サイトでも発表します。

投稿者:汐見木材  |  日時:10:44  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2007年07月21日

すまいをトーク

少し前の事になりますが、あるセミナーの現地学習で「町家の材木商の見学」と言うコマで、設計士さんをはじめとした様々な方々40名以上が当社にこられました。
この見学会は当社を含めた近隣のそれぞれ職種の違う材木屋4社の共同主催であり、事前打ち合わせで、木材の町「堀江」をアピールする為に、それぞれの「こだわり」を前面に押し出した説明をしようと言う事で、当社のこだわりを説明させて頂きました。
しかし セミナーに参加する事があっても 主催することは初めてだったので、どこまで伝わったかはわかりませんが、熱意をもって話させて頂きました。
7-7.jpg7-8.jpg7-9.jpg
これからの当社の「こだわり」になる 珪藻土も併せて説明させて頂きましたが、参加者からの反応もよく非常に自信を持つ事ができましたので、当ホームページでも近々ご紹介できるように手配いたしました。
clip_image001.jpg

投稿者:汐見木材  |  日時:19:31  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

ページトップ
汐見木材株式会社 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江3-17-8
TEL:06-6531-3683 FAX:06-6531-3519 E-MAIL:info@403.jp URL:http://www.403.jp/