汐見木材株式会社 ご相談・お問い合せはお気軽に 06-6531-3683
サイトマップ お問い合せ
2008年02月18日

材木屋の「落語会」-R1よりも落語

以前「材木屋のソフトボール」でご紹介しました。、http://www.403.jp/blog/2007/09/post_11.html
「大阪木材親尚会」と言う大阪木材業界の団体の落語会に言ってきました。この部門を取り仕切っている芸能部長はここ二代続いて私の親しい方が就任しておられ、前任は川向こうのときぞーさんです。しかしこれまでなかなか日程が合わず先週の土曜日に初めて参加してまいりました。
この落語会は、人間国宝「桂 米朝」をトップとした米朝一門の米朝事務所と毎回出演者の交渉をしているとの事で、今回は「桂 まん我」「桂 雀松」「桂 雀々」さん達でした。http://www.beicho.co.jp/
この中で一番気になるのが、雀々さんという人なのですが、関西の方は良くご存知かと思いますが、この方私たちの世代では深夜放送の「ヤングタウン(通称-ヤンタン)」と言ったラジオ番組があり、このヤンタン自体も関西芸人の登龍門的な番組で、明石家さんま・笑福亭鶴瓶等などのその後全国メジャーになった人を排出し、私たちも「きのうのヤンタン聞いとったー」(神戸弁)と次の日の中学での話しの話題に必ずなるお化け番組でした。そこにこの雀々さんも出演しておられたのですが、結構いじられキャラで目立っていたのですが、その後あまりメディアではお目に掛からなかったのですが、昨年別の高座で古典を今回は「代書屋」を聴きましたが、びっくりするほど落語が上手で、古典・創作どちらでもよしで、さすが米朝一門と言った感じで、上方落語の真髄を見たと思いました。
そこで私の個人的な話ですが、落語を聞いた次の日の昨日テレビで「R1ぐらんぷり」の決勝をやっていたのですが、私のセンスが悪いのかもしれませんが、間が合わないと言うかぜんぜん面白くないのです。しかし昨日のなだぎ武は面白かったですが、ピン芸人の人はもっと落語の間を勉強すればいいと思うのですが・・・・

20080217_246563.jpg
↑ ときぞーさんのブログからお借りしました。この後ときぞーさん大変な事になっておられるそーです。
覗いてみてください!http://nagahori.jugem.jp/?eid=233

投稿者:汐見木材  |  日時:09:32

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

コメント
コメントを投稿




保存しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)

ページトップ
汐見木材株式会社 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江3-17-8
TEL:06-6531-3683 FAX:06-6531-3519 E-MAIL:info@403.jp URL:http://www.403.jp/