汐見木材株式会社 ご相談・お問い合せはお気軽に 06-6531-3683
サイトマップ お問い合せ
2008年09月18日

大阪の材木屋はすごい

本当に長い間サボっていたブログを再開します。(本当にダメですよネー)

そこで少し前になりますが7月に組合の旅行で我が郷土の偉人で冒険家 植村直己さんの故郷兵庫県豊岡市にある「植村直己冒険館」に訪れた時の事を報告いたします。
※私は大阪生まれではありますが、人生の殆どが兵庫県民ですので今でも心の故郷は兵庫県西宮だと思っています。(色々と使い分けますが)

植村直己さんが冬の北米最高峰(アラスカ)のマッキンリーで消息を絶った時(1984年)高校生で、その時初めて兵庫県出身の方だと知りました。死後彼の生まれ故郷である、兵庫県城崎郡日高町(現在は豊岡市)に「植村直己冒険館」が出来ていた事はもちろん随分前から知っていましたが、今回初めて訪れるチャンスに恵まれました。

uemura-3.jpg
http://www3.city.toyooka.lg.jp/boukenkan/index.html

そこで、私はすごい事実を知る事となりました。それは日本人でエベレスト初登頂者は植村直己さんと私はずっと思っていましたが、実は彼よりも数歩先に登頂をはたした人物がいたのです。その方は松浦輝夫さんで、実はこの方大阪の材木屋さんなのです。私も直接は存じ上げないのですが、この方が大阪の材木屋さんで登山家である事もエベレスト登頂に成功した方であるという事も存じておりましたが、日本人初であるという事まではお恥ずかしい事ですが知りませんでした。
しかし これだけであればただ材木屋が数歩先に登頂しただけの材木屋同士の自慢話で済んでしまうのですが、実はこれには美談が存在している事に私は感動しましたので、ここで紹介させて頂きたいと思います。

初登頂当時(1970年5月11日)植村直己さん28歳 松浦輝夫さん35歳二人が日本山岳会の多くのエベレスト登山隊から選ばれた最終の登頂アタック隊から更に選ばれ登頂を目指したのですが、山頂直前で先に歩いていた植村直己が突然立ち止まり、後を歩いていた松浦輝夫さんが追いつくのを待ったそうで、心配した松浦さんが「どうかしたのか」と問いかけた所「先輩が先に行って下さい」と言い返したそうで、松浦さん自身植村直己さんが先に登り後方を松浦さんが行くのはごくごく当たり前のルール(役目)だったそうで。最後まで自分の役目をはたした上で最後の最後に先輩に先に行く様に言い、極限の中でも「日本人初登頂」と言う栄光を先輩と言う事だけで私に譲ったと松浦輝夫さんのビデオ証言で知る事が出来感動しました。

そしてこの美談には続きがあり登頂を果たした植村直己さんは持っていた登頂の証拠となるフイルムを抜いたカメラも含めて下山には必要でない荷物を全て山頂に残し持てるだけの山頂の石をリュックに詰めたそうで、松浦さんが「そんなに持って降りてどうするのだ」と聞くと植村さんは「登頂を果たせなかった多くの登山隊の仲間に持って帰る」と言ったそうで、この時松浦さんは植村直己とは人の気持ちをとても大切にする人間だと思ったそうです。
しかし 多くの登山隊を率いて荷物の運び役に使いほんの数人しか登頂を経験できない方法に植村自身限界を感じ、彼がこの後単独登頂にこだわったのは、こういった経験からだそうです。

この様な素晴らしい偉人の、語りべが同じ大阪の材木屋であることを知り有意義な旅行となりました。
uemura-1.jpg
uemura-2.jpg


投稿者:汐見木材  |  日時:08:27  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2008年04月25日

世界でいちばん大切な子供たちのために

本当はこの様な文章をこのブログに掲載するのはいけないことかもしれませんが、光市事件のことを私が知った時、私も一人の子供の父親になった時で、この事件に怒りを覚えました。
私は判決に付いてはコメントしませんが、某大学の准教授が「1.5人の殺人でこの判決は不当だ」と自身のブログに記載した事が話題となってと聞きまた新たな怒りがこみ上げてきました。
その准教授の主張は「まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので『傷害致死』の可能性は捨てきれないと思っている」などと持論を展開したいますが、これこそ子供の人権を無視していると思います。赤ん坊は泣く事でしか意思を伝える事ができ無い分、大人が守ってやらなくてはいけないと私は常々思っていますし、ひと一人の命に大きさは無く平等でなくてはいけない。

先日ご紹介したイケヤの遊具にはある言葉が書かれています。
私の気持ちもこの言葉と同じです。
2008.04.26.jpg

投稿者:汐見木材  |  日時:23:09  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2008年04月08日

桑田真澄 現役引退に付いて

少し 時間がたちましたが、桑田真澄の現役引退に付いて一文書かせて頂きます。
昨年現役続行を表明した時に書かせて頂いたとおり、歳も近く本当に私は「投手 桑田真澄」が純粋に好きでした。
彼の野球に対する考え方は時にはチームメイトから揶揄された事もありましたが、今となってみれば当然といっていい物も多くあり、少し取り入れるのが早すぎて周りが付いて行けなかっただけだった様に思えます。この様に新しい事を取り入れたり取り組んだりする事は、リスクを伴うもので多くの人が躊躇するのですが、彼の正しい道は何かを考え自分を信じて新しい事にチャレンジする姿勢が好きでした。
彼は 今後指導者の道を選ぶようですが、彼にはこれまでに無い形の指導者になって、新しいエースをそして新しいチームを創ってほしいと思います。
2008.04.04.jpg
桑田真澄 本当にご苦労様でした。そして「ありがとう」  by403

投稿者:汐見木材  |  日時:17:44  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2008年04月03日

4月の楽しみ「IKEAオープン」

この4月に楽しみに待っていたお店がオープンします。
それは、神戸ポートピアランド跡に14日午前10時にオープンするIKEA(イケア)というスウェーデンの大型家具店です。

この店の事は2004年の2月に当社で取り扱っている欧州赤松【レッド(パイン)ウッド】の工場視察でスウェーデンを訪問した際に現地で日本のホームセンター的な位置付けなのか、移動中よく見かけました。その時に現地をアテンドして頂いた日本人スタッフの話で、この店は「世界各国(33ヵ国)に進出して、日本は過去に撤退したのだが、今年(2004年)再度日本に再進出する」と聞き、元々「北欧デザインの家具」に興味がありましたので立寄りたかったのですが、時間的な余裕がなく現地では立寄る事が出来ずにおりました。
そこで日本に帰ってから調べた所、2004年に千葉と横浜にそして次が神戸と大阪に出来るとわかったのですが、関西へ出展がずいぶん先ということもあり2005年の秋に横浜の港北店に東京出張の折に立寄った時の事をレポートします。

新横浜駅から無料の送迎バスが出ておりそのバスに乗ってイケアストアに向かいました。

ikea-1.jpg
カラフルな青と黄色の建物はスウェーデンで見たままのデザインで北欧デザインの強さを感じます

お店に入ると、写真にはありませんが、子供を預ける(有料)事の出来る託児施設があり、そして買い物袋と紙のメジャー・紙と鉛筆が用意されており、必要なものをもってお店に入る仕組みです。
ikea-2.jpg ikea-3.jpg ikea-4.jpg

店舗作りから小物までほぼ全ての物にデザイナーが手掛けている様で、至る所にデザイナーを紹介する掲示物がありました。この少し前から北欧デザインの物が取り上げられる事が多くなり、現在では街にこの手の物があふれていて新鮮味がないかもしれませんが、この時一つひとつの商品から物の見せ方・ライティングの仕方等など目に飛び込んでくるもの全てに衝撃を受けたことを今でも覚えています。
ikea-5.jpgikea-6.jpgikea-7.jpg
ikea-8.jpg

また、商品の販売だけはなく商品の劣化実験や部屋のレイアウトをブロックやパソコンでシミュレーション出来るコーナー等があり、私は常々リノベーションする事や家具を買うことは空間を買う (売る) 事だと思っているのですが、その事を意識しているし私の考えも間違いではないと確信しました。
ikea-9.jpgikea-10.jpgikea-11.jpg

そして 育児施設には年齢制限や受入れ人数の制限があるので、至る所に子供が飽きない様に遊べるものが所々にあり、ターゲットの年齢層を意識している事が感じ取れました。
ikea-12.jpgikea-13.jpg

また正式名称・表記は日本語では北欧と同じ「イケア」ですが、アメリカやオーストラリア等では、「アイケア」「アイキア」と微妙に違い、私の様に北欧で出会えばイケアなのですが、オーストラリアに在住の友人は「アイケア」と呼んだりします。それだけ各国で支持されている事の証のようです。

そして フードコーナーもあり一人で食事をしたのですが、イケアには食料品を販売するコーナーがあった様でこの時気づかなかったのですが、この食料品コーナーも充実しているそうで、東京に出張の多い友人からお土産でもらったスモークサーモンとディル(香辛料)入りのマヨネーズベースのサーモンソースのセットが我が家のお気に入りになっています。

これまでの日本にないコンセプトの大型店舗ですので、一度は行って見る価値があると思います。

投稿者:汐見木材  |  日時:18:27  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2008年04月01日

今日で私は二十歳です。

今日から新年度です。
実は今日私は二回目の二十歳を迎えました。というのも私が社会人になったのが平成元年4月1日で、今日で丸二十年になります。最初から建材問屋に就職しましたので、この木材業界に入っても20年になります。今日から本当の大人の社会人になったつもりで行動していきたいと思います。

2008.04.01-1.jpg2008.04.01-3.jpg
2008.04.01-2.jpg
そんな時、同業者の友達が新たな事にチャレンジします。木工教室を4月2日から創めるのですが、教室の完成祝いを兼ねて今日関係者の祝いの席があり、少しですが協力させて頂いたので、招待され参加してきました。そこで新たな事にチャレンジしている友人の姿を見ていて思ったのが前文の事なのですが、私も今年は新たな事にチャレンジしたいと準備をしています。
arbrelogo2[1].jpg

20年前はバブルの頂点の頃で、周りには別世界の人が沢山いた事を思い出します。
しかしこれからは「足元を見 先を見通す力」を持たなければいけない事をこの20年で学んだように思います。

投稿者:汐見木材  |  日時:11:46  |  コメント (1)  |  トラックバック (0)

2008年03月31日

子供の絵画展

小学生の子供の描いた絵が、入選しその展覧会が天保山であったので行ってきました。
2008.03.26-1.jpg
しかし子供の画く絵は、想像力がありそして自由で楽しい絵ばかりでした。
子供たちの絵を見ていて気づかされたのは、目先のことばかりにこだわりすぎて、私には周りを見る観察力と想像力が欠けていると痛感しました。
2008.03.26-2.jpg
私も観察力を持って想像力を豊かにして、大阪の木材会に絵を画きたいものだと思います。

展覧会の帰りに 桜が咲いていました。
2008.03.26-3.jpg
3月25日

投稿者:汐見木材  |  日時:02:30  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2008年03月25日

先ずは焼肉から

2008.03.22.jpg
私のよく話に出てくる私の所属している、大阪木材業界の青年会が今年近畿ブロックで理事会の主幹事を務める年に当たり、その第一回目の理事会が3月22日の土曜日にありました。
そこで私はその理事会の手伝いをする事になっているのですが、これまでの慣例では年間を通して同じ所で理事会・懇親会をしていたのですが、昨年この主幹事を務めていたのが京都さんだったのですが様々な京都らしい所にお連れ頂いたので、今年の大阪も「ディープな大阪」をコンセプトに様々な所をピックアップして行こうという事になり、先ずは鶴橋の「焼肉吉田」に行ってきました。
このお店は私もずいぶん昔に行った事があるのですが、その時は古い小さなお店だったのですが、最近大きな新館が出来たと聞き下見をした上で吉田に決めました。
このお店の特徴は、もちろんお肉もおいしいのですが、このお店の名詞のイラストで画かれているお母さんが有名で、これぞ「鶴橋のおばちゃん」といった存在感があり楽しい明るいお母さんです。
ここで、総勢50人ほどで焼肉をお腹いっぱい食べ、サービスも良く大阪以外の方々も満足して帰って頂いたと思います。

投稿者:汐見木材  |  日時:16:47  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2008年03月14日

森の見学会「吉野材が高級材と言われる理由がわかりました」

(2008年)3月8日の土曜日に、大阪府建築士会の中にある青年委員会の方々と、私の所属している木材業界の青年会とで共催事業で奈良県吉野の山林を見学するバスツアーに行ってきました。この事業は私達の会と青年委員会の卒業年齢(45歳)が同じと言う事もあり、昨年は講演会を今年は産地見学会と昨年度から交流をふかめてきています。そこで奈良県吉野に行って来ました。実はこの企画の計画当初から私も年回りで中心になって、青年委員会と受入先の吉野川上地区の青年会との打合せを 昨年の夏ごろから企画を練り上げて来ました。

本当のテーマは私の希望で「環境問題から見た近隣材の現状と有効性」だったのですが、今回は吉野の林業史の初級編といった形となってしまいましたが、大変身のある研修会にする事ができました。

今まで私も吉野材の桧杉がどうして高級材として珍重されるのか、恥ずかしい話しよくわかっていなかったのですが、今回のツアーでその本当の理由が材木業に身を置いて20年目に知る事が出来ました。まずその理由から書かせて頂きます。
吉野林業の秘密は「吉野林業の父」いわれる土倉庄三郎の存在が重要であったとの事、吉野林業の特徴は僅か漢字八文字で表現でき、「密植・多間伐・長伐期」というそうでこれを土倉庄三郎が整備し確立したそうです。
この言葉の意味を順番に説明させて頂きます。
【密 植】通常他の地域では植林の苗を植える場合は、約2㎡に1本の間隔で植えるのを吉野では、約1㎡に1本の間隔で詰めて植林するそうです。
理由効果:密植する事で、先に太くなるのではなく先に上へと伸びるように成長させる事ができる。太くなりにくいので、目(年輪)が細かくなる。
【多間伐】山の手入れを頻繁にし、通常他の地域では40~50年の間に数度しか間伐をしないのに対して、間伐も何度も長期間に分けておこない行う。
理由効果:長期間に亘り間伐を繰り返すことで大径木の良材を育てる事ができる。
【長伐期】通常他の地域では40~50年で開伐(かいばつ)といって山を丸裸にするのですが、多間伐で間伐を繰り返しながら、何百年にも亘って山を維持する。
理由効果:多間伐の理由と同じで、大径木の良材を育てる事ができる。
2008.03.08-3.jpg2008.03.08-4.jpg2008.03.08-5.jpg
(左)これが吉野林業の最終系(中)樹齢250年の杉の切り株(右)250年の杉の立ち木
私はこの説明を聞いて長年の持ち続けていた吉野材への疑問が解けたと感じました。吉野材は「目が細かく・目通りが良い」から高価であるという事はわかっていましたが、何故目が細かいのかという事がわかりませんでした。知識として寒い地域であれば目が細かくなる事はわかるのですが、吉野材と紀州材とでどうして違うのか、紀州でも吉野よりの地域もあるはずなのに何故何故といった感じでした。これには吉野独特の植林技術で良材が生み出されているとは思いもしませんでした。確かに吉野には大阪という古くからの消費地に接していた事により、早くに原生林が無くなってしまった事で、植林方を確立しなければならなかったのかも知れませんが、短い時間で良材が出来るはずもなくまさしく先人からの贈り物という事が、よくわかりました。近年の木材に対する無知な人の感覚は、「木は勝手に生えて育ったものだから、もっと安くてもいい」等と言う事をたまに耳にするのですが、今を生きる木材人として先人の心を受け継がなければならないと、強く感じたツアーにする事ができました。
2008.03.08-1.jpg2008.03.08-2.jpg
↑原木市場見学
2008.03.08-6.jpg
↑吉野組合の加工場
2008.03.08-7.jpg
↑大阪に帰って皆で懇親会(やっぱり)

最後になりましたが、お世話頂きました。奈良県川上会団の皆様ありがとうございました。

投稿者:汐見木材  |  日時:00:32  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2008年03月11日

3月6日に朝一番の新幹線で東京に出張してきました。

目的は東京ビックサイトの開催されていた「建築建材展」の見学です。
この展示会は建材展の他にも五つの展示会がジョイントされており全国一大規模の大見本市で全国からメーカーならびに来場者があるそうです。

まず、日帰りの予定でしたので、朝一番ののぞみで東京に向かいました。この時間帯に新幹線に乗るときの楽しみは、やはり富士山ですので、必ず通路側に座りたいのを我慢して、私は窓際のE席を選んで予約します。しかし朝のほうが富士山を見られる可能性が高いとはいえ見られない時も多々ありますので、その時の運試しの様な気分で新幹線に乗ります。
6時発であれば大体7時半ごろから富士山が見えてくるのですがこの時は、ご覧の通りばっちりきれいな富士山がみえました。
2008.03.06-4.jpg
そして、今回はビックサイトということで、初めて品川駅で下車しました。
2008.03.06-1.jpg
2008.03.06-2.jpg2008.03.06-3.jpg
展示会会場の写真は撮影禁止でしたので、ルールを守り撮ることは出来ませんでしたが、色々と参考になる商材を見つける事が出来ましたが、全体的に景気の不透明感や原料高が原因しているのか、少し出尽くし間のある印象を持ちましたが、やはり商材を求める人の波はすごく三時ごろになっても来場者の群れは止まる事がありませんでした。
皆必死なんだなーby403

投稿者:汐見木材  |  日時:00:18  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

2008年03月07日

ワインを楽しむ会

今回は この3月1日の土曜日にあった飲み会の話です。
昨年から同業者で同世代同士の者といっても私は年下の部類ですが、気のおけない者同士で、ある催しをしているのが、表題の「ワインを楽しむ会」です。
この会を催した場所は、浪速区にあるフランス料理のお店で この会のメンバーさんとこのお店の経営者兼ソムリエがご親戚という縁で、十数年前より別の会でも数回ですが私も利用させて頂いたことのある浪速区役所横の「グリル草月」と言うお店で、オールドチックな落ち着く内装で、料理も伝統的なレシピを再現して頂けるので、内装と料理とワインのマッチングにいつも感心させて頂いております。
そこで、このお店で昨年からさせて頂いているのが、「ワインを楽しむ会」と称した、二つのワインを飲んでどっちがいいワインかを当てるワインの利き酒会で、最初に利き酒をし終盤に答えの発表をソムリエからして頂く趣向の楽しい飲み会です。
この会に参加している方々のほとんどは10年以上のお付合いですので、昔話から現在のそれぞれの話で楽しくそしていつもいい刺激を与えてもらえる仲間たちです。
本当に皆さん有難うございます。
2008.03.01-1.jpg2008.03.01-2.jpg

そこで肝心の私の成績ですが、二年連続 × でした。
セレブへの道は まだ遠い (なれなくてもいいけど) by403

投稿者:汐見木材  |  日時:17:54  |  コメント (0)  |  トラックバック (0)

ページトップ
汐見木材株式会社 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江3-17-8
TEL:06-6531-3683 FAX:06-6531-3519 E-MAIL:info@403.jp URL:http://www.403.jp/